会社の目指すところとは何か

先日とある会で【健康経営】のお話をしました。会社で働いている人たちが健康で働く環境を整備することが経営資源の確保につながる、というものです。2016年に経済産業省は「健康経営優良法人制度」を創設しました。健康経営に取り組む優良な法人を認定・公表することで社会的に評価される環境を整えることにあります。

最近では「レコメンドリクルーディング」という考え方も広まってきています。

安全衛生優良企業認定 
(厚生労働省)

安全衛生

健康経営優良法人
(経済産業省)

健康経営

ユースエール認定
(厚生労働省)

若者促進

くるみんマーク
(厚生労働省)

子育て両立支援

えるぼし認定
(厚生労働省)

女性活躍推進

ホワイト企業認定
(民間)

ホワイト企業認定

従業員の働きがい向上のために信頼できる第三者機関の認定を取得し。自社の価値を向上するブランディング施策のことを言います。企業が独自に取り組んでいたとしても、それが一体どれほどのものなのか、どれだけ取り組んでいるのか発信するのは難しいものです。認知されている第三者機関の認定を取ることは企業にとって対外的に自社価値を示すことになりますし、会社内においてもその取り組みが認められることで従業員のやりがいにもつながり、定着率アップや採用活動にも役立ちます。

これからの時代は働く人がその会社に働く「意義」が必要となる時代です。ネームバリューや賃金が良い会社という価値観からそれぞれのワークライフバランスの考え方や働き方などの多方面の中で僕はこういう生き方がしたい、私はこういう働き方をしたい、といった考えの下に、その価値を同じくする企業を探し、選択をして、その価値観の合う会社で働くことを選ぶ時代なのです。

自社の価値観とは何か? 自社の目的とは何か? 自社の目指す将来は何か? そして何より働く人たちにどういった価値があることを会社は伝えるのか?

長く続く会社を紡いでくれる従業員さんの人生は一度きりであり、入社してから最長で約50年もの間、会社の発展のために寄与してくださいます。働く人の生きがいづくりこそが、これからの会社の目指すところであり、未来を創る一つの道筋だと思います。

NAコンサルティンググループ 代表コラム

           2020.09.01

電話で問い合わせ:0256-64-5288
受付時間 9:00-17:00 定休日 土・日・祝日

井上浩仁のプロフィール写真

NAコンサルティンググループ 代表 井上 浩仁